« 当日その2 | トップページ | 病院話し一休み »

最初の一週間

(昨日の続き)
一夜開け、アサイチでガーゼが外されたけれど
当然何も見えづ。明るい暗いは解る程度で
目の前に、分厚い磨りガラスがあるような感じ。何もかもが真っ白で自分の掌も解らない。
な、ものだから、トイレに行くにもナースコールで看護師さんを呼び
若いお姉さんの二の腕につかまり
(それはちょっと嬉しい)壁を探りながら。
食事も、看護師さんにメニュー説明をして貰い
主食を手づかみで食べられる、パンかおにぎりにして
おかずは、スプーンを使ってお皿を口に付けて犬食い。
自分で魚の骨もよけられず、野菜の煮物みたいな
一皿に色々入っている物は、口に入るまで何か解らづ
なんちゅーか、味気無いし。(実際に病院食は、味気無いが)

忙しい看護師さんをいちいち呼ぶのも申し訳ないし
テレビも音だけ、本もゲームも別世界の物だし
気分転換に散歩も出来ないし(何も見えないのと
トイレ洗面食事以外は横になっておとなしくしなくちゃいけない安静度A)
お昼寝なんぞしてしまうと、それでなくても眠れない夜に
余計寝られなくなるし、テレビ(有料。カードが必要)でお金が飛ぶ飛ぶ。

なかなか視力が戻らなかったのは
「術後の出血が治まらないと、見えるようになりませんよ。」と
言われたので、「神様、治るまで、とうもろこしと
スイカを食べません。(大好物)だから早く治して下さい!」と
お願いしたその日の晩御飯にスイカが出てしまい
しっかり食べてしまったせいだと思うのは、気のせいではないと
神様って見てるなーと思った最初の一週間。
(つづく)

|

« 当日その2 | トップページ | 病院話し一休み »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 当日その2 | トップページ | 病院話し一休み »