« が、頑張った | トップページ | あけましておめでとうございます »

餅搗き

餅搗き
毎年恒例の餅搗き。
毎年杵と臼でアナログに「ぺったんぺったん」やりまつ。

と、いっても。

私は足手まといなので、(杵も持ち上げられないし、反しも出来ない)
大福を包むのと、出来立てをつまみ食いする位の
「どさくさに紛れた餅泥棒」要員ですが。

杵と臼でついたお餅は、ひと臼づつ固さや味が違って
何とも言えない美味しさなのですが、
旦那の両親も年だし、体も年齢的に、アチコチガタがきているので
来年はないかもなー。それはそれでしようがないし
みゆぞおが大きくなるまで見せられる事が出来たし良かった良かった。

ちなみに写真は、邪魔にならない一休み中に、撮ったものです。
今時、なかなか見ないよな。
これで、7臼を6時間位かけて作ります。
朝早くからはじめても、全部終わったら夕方。
昔はもっとついたから、もっと大変だったんだろうなー。


きょおの本。

・ハムスターの研究レポート8 大雪師走。
・新ブラックジャックによろしく3 佐藤秀峰。
・1ポンドの福音2〜4 高橋留美子。

|

« が、頑張った | トップページ | あけましておめでとうございます »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

な、なつかしー。
実家では杵と臼だったよ。多分、父はなくなる前の年までついてたと思う。
10キロくらいといで前日から用意されてるのが子供心に壮観で・・・。

神棚と仏さんにばかでっかい鏡餅を供えるから・・・。
家用は年々量が減ったような。
作った餅は火の気のない座敷に置くと凍って丁度よかったけど、結婚した後餅や大量のだしの置き場に困った。APって玄関さえも微妙に暖かいんだもの・・・。

わたしもムスメに見せてみたかったな~。
オット両親は餅を食べないようなので・・・。

投稿: saba | 2007年12月31日 (月) 07時04分

>sabaさん。
餅搗きは、本格的にやると大変だよね。前の晩の支度から、当日の後片付けまで入れると本当に丸一日がかりで。
うちも年々量が減ってきています。鏡餅は市販品にして、何回か食べる分だけを作るの。それでも親戚やうちの分(3家族)をいれて6臼も7臼もつくんだけど。
今年はあるのかなー?もう機械でもいいかも知れません。義父母が大変だし。

今の家は、寒い場所も暖かくて冷蔵庫に入りきらない物の保管が大変だよね。
外に出した方が凍る位よーく冷える。衛生面でアレなのでしませんが。

投稿: えみきち | 2008年1月 2日 (水) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« が、頑張った | トップページ | あけましておめでとうございます »