« ビフォーアフター | トップページ | 今年は冷夏って言った予報士出てこい! »

とうとう終わってしまった…

ノレン(鋼の錬金術師)の漫画版の最終回。
牛先生が以前に宣言した通り
それぞれが良き方向で締めくくられていて、それは凄く良かったけれど
来月からの楽しみがひとつ減ってしまって、寂しいやら切ないやら。

最初から、伏線張りまくりで
予想の裏の裏を行く展開に、毎月「ああっ!」とか
「えええっ!?」とか驚かされてしまって
雑誌が出るのが待ちきれない位にハマっていたので。

ひとりとして棄てゴマキャラがいない
無駄に話しを盛り上げる為に死ぬキャラもいない
あんまり活躍しなかったキャラも
実は最後のこの時の為に用意されていたんだとか
読み終わって、ああ、やっぱり牛先生の作り込み方はスゲーと
一度でいいから、牛先生の頭の中が見てみたいなと
改めて尊敬や静かな感動が心に沸き起こっています。

漫画で食べて行く以前。実家の農業の手伝いをしながら
今のノレンの骨格はもう作られていたんだよな…。
そう考えると、連載9年、構想○年。長いお話しでした。

後はアニメだ!
頼むぜアニメスタッフ!前回みたいな
ガッカリオリジナルストーリーだけはやめて
あそこまで行くと怒りで疲れるから。
あ、アニメは最初から、期待しちゃいけない物なのかも。

|

« ビフォーアフター | トップページ | 今年は冷夏って言った予報士出てこい! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビフォーアフター | トップページ | 今年は冷夏って言った予報士出てこい! »