« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

びよいんいけたー。

夏以来か?やっと受診出来た。
目は悪くなってなかった。内科はやっぱり体調悪くなってて
貧血もかなりあって鉄剤追加されたけど、通常薬もしっかり貰ったし
これからドンドン元気になるぜ!

元気になって、スーパーなんかスイスイで
でっかいコストコもでっかいカートを引っ張ってぐるぐる回れるようになっちゃうぜ!

病院帰りに、ムスメの友達オススメの岩見沢にあるインド料理屋さんで
豆煎餅とサモサとほうれん草のカレー(鉄分補給)と
でっかいナンとラッシーをワシワシ食べて(美味しくて安くて量も多い店だった)
我は大満足じゃ。

ただひとつ。

夜のニュースを見ていたら、生活保護を悪用して
医療費が無料なのを良いことに、睡眠薬を大量に処方して貰って売り捌き
毎月何十万も荒稼ぎしているあほうの特集をやっていて、はんなり凹んだです。

本当に困って最後の砦にたよった人まであほうと同列に見られるじゃん。
それで無くても、税金で養って貰っている立場は肩身が狭いのに…
久しぶりの外食も悪い事をした気分になるます。

と、ぐちゃぐちゃ考えても仕方がないんだけどな。
とりあえずムスメも病院にかかれて、必要なお薬が貰えて良かったと思おう。うん。

| | コメント (0)

電気とまったー!

電気が点かないと、ストーブも焚けない、炬燵なんて以っての外で
この真冬のど真ん中にどうしよう…とちょっと焦りましたが
足長おばさん(義母)が現れて払ってくれた模様です。
数時間で復旧。あー焦ったわ。じいちゃん猫やじいちゃん犬に
どうやって暖をとらせようかスゲー悩んだもの。

いや、話したかった事はそれではなくてな。

今朝札幌の事務所から電話がきて、生活保護申請が通ったと。
これで医療費が無料になるので、やっと受診して、失明を遅らせる目薬と
飲んでいないと命に関わる薬が貰いに行ける…長かったな…我慢の半年

医療費は無料になるけど、その他は勿論自腹な訳で。
元々生活保護は「最低限の生活保障」なので、支給額を見ると
親子三人とケモノ五匹、カツカツ以下の生活になりそうであります。


| | コメント (0)

とほほほ(近況報告)

何から話せばよいのやら…

12月の頭に、シャレでも何でもなく、私の頭のてっぺんがごっそり脱毛し
見た目小意気でお洒落な落ち武者風になって、外に出る時は帽子が欠かせなく
(多分精神的な脱毛症だとおもわりまつ)

相変わらず旦那の人は無職で、夏位から私もムスメも病院に通えなくて
体の調子がよろしくなくて、ガッツ(HP1)で何とか生きてる状態で
買い物にも軽々しく行けず(スーパー一周しただけで貧血おこして座り込む)

唯一通っていた私の精神科の先生が心配して、役場の保健士さんに連絡しやがっ…してくれて
保健福祉課に呼び出され、とにかくお金が無くても病院に行ける方法…
そうでつ、生活保護の申請を2時間もかけて説得され
昨日、札幌からケースワーカーのお役人がふたり、家にやってきまして。

部屋を片付ける人がいない家は、荒れ放題に荒れていて
布団がひいてあったり、ムスメの漫画本やゴミやあれやこれで足の踏み場の無い居間の
かろうじて空いている床に、お役人三人(村の保健士とケースワーカー二人)
うちの人間三人がキューキューになって座り
生年月日、出生地、学歴、両親兄弟、財産の有無まで根掘り葉掘り尋問ですわ。

汚部屋に人が入っただけでも結構くるのに、生活保護世帯になるかも知れない
と考えるだけで痛恨の一撃ですわ。

生活保護って、生活が大変な母子家庭とか、働きたくても住居すら無い人が
最後の奥の手で使う物だと思ってました。まさか自分が申請する事になるとはな。

もし申請が通ったら、今の家は家賃が高くて住めないので
最悪、風呂も無い、築40年近いボロ長屋に引っ越しになるかも…ぐったり。
旦那の人は健康で元気なのに、全然働く気配がないからこんな事に。

いくら医療費が無料になるからと言ってもなんだかモヤモヤします。
今は、死刑執行を待つ囚人のきぶん。

更に精神科の先生が、私の携帯番号を教えたお陰で、保健士からストーカーのように電話がかかってきまつ。

いやーーー!!
私はムスメとケモノと、つまらない位に平凡な毎日を送りたいだけなのにー!!
…はぁ。

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »