« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

胸がザワザワする事が続きます。2

1からちょっと日にちが経ってしまいましたが、やっと冷静になってきたのでつらつらと。

あ、すえきちの事ではありません。
幸いな事に、小康状態を保っております。すえきちの生命力には感動すら覚える毎日。

もう、先々週の金曜日になりますが。
昼ご飯を食べて、居間でボンヤリ情報番組を見ていたら
隣の部屋からカサカサ音がする。嫌な予感がして見てみると
うちのキャッツ・アイくおんが何か一生懸命かじっていて
よーっく見てみたらタバコでした。

一瞬頭が真っ白になって、フリーズしかけましたが、直ぐに我にかえり
くおんをガッチリ捕まえて口に指にツッコミ、噛まれながら口の中を調べ
(幸い何も無かったけど)辺りに散らばったタバコカスやボロボロの箱をかき集めているうちに
旦那の人に対して、物凄い怒りが沸きまして。

実はタバコのごたごたは初めてではないのです。
ムスメがまだハイハイの頃、手の届く所に吸い殻が沢山入った灰皿を置きっぱなしにしていて
家事をしていた私が「あれ?ムスメが随分静かだなぁ?」と見てみると
吸い殻を沢山くわえておりまして。

ムスメを抱き抱え、その頃住んでいたアパートの近所の小児科に走って行きましたが
もう夕方だったので、勿論開いていなくて、テンパった私は
近所に住んでいるだけで、殆ど面識の無い、小児科の看護師さんの家に押しかけ
簡単な処置と、この後どうしたら良いか聞いて帰宅。

幸い飲み込んで無くて、一晩経っても何もなく、今も元気に生きておりますが
もし何かあったらと考えると今でも怖い。

で、今回のこれです。あの時散々怒ったつもりだったので
心を入れ替えたのかと思っていたら、「高い所に置いておいたから大丈夫だと思った。」ですと。
相手は赤ん坊じゃ無くて猫だ!元気な猫に高いも低いもあるか!

また、くおんはメンソール系の臭いが大好きなのです。湿布を舐めにくる位。
メンソールタバコを狙わない訳がない。

たまたま、どうしようか焦っている時に、職安から旦那が帰って来やがったので
速攻で病院に駆け込み、事の次第を先生に話したら
中毒の症状が出るまで治療は出来ないそうで。
致死量も、ひとかじりでダメな子もいれば、一本食べても平気な子もいるとか。
今は元気なので、3日位様子を見て下さいと言われて、すえきちの点滴を買ってすごすご帰宅。

それから3日間は、くおんがいないとドキドキする毎日。
今現在は相変わらず無駄に元気で、致死量まで口に入らなかったようです。
スゲー良かった!スゲー良かったよおかーちゃーん!

ひとくくりにはしたくないけれど、喫煙者はどうしてタバコの害や
管理に対して無頓着なんだろう?
吸ってる本人はどうなろうと知ったこっちゃないが、廻りはどれだけ迷惑しているか。

怒った時に「前にタバコなんて簡単に辞められるって言ってたよね!?
生活保護受けているんだし、こんな事になってるし、すぐ辞めなさい!」と言ったら
「やだね。」ですって。

なーんだかさ、疲れるです。うっかりな奴なので、鉄板でまたやるな。
毎日旦那が居なくなった後、旦那の部屋に入ってタバコを置きっぱなしにしてないかチェックして
ついでにオヤジ臭のする枕にファブリーズをかけるのが、スゲー疲れる。
スゲー疲れるよおかーちゃーん!

| | コメント (0)

胸がザワザワする事が続きます。1

震災のニュースは、見てると切ない事ばかりですが
人間は自分で意思表示が出来るし、コミュニティーを作って力を合わせて何とか生きて行けるけど
この未曾有の大震災で、家族とはぐれてしまったペット達はどうなっているのでしょうか?

今まで暖かいお家で、大好きな飼い主さんと幸せに暮らしていたのに
突然何もかも無くなって、一匹放り出されて、今もさ迷っているだろう
犬や猫の事を考えると、ニュースで取り上げない分、いたたまれない気分になります。
動物は震災なんて分からないもの。

助からなかった沢山の命は今は考えないようにしています。
今、目の前で命の灯が消えそうになっている猫がいるのに
そちらも考えちゃうと、私の心の許容量を超えてしまう。

ただ道端にポツンと佇んでいる犬猫がいるだけでもダメなのです。
うちが大金持ちで持ち家があったら
鉄板で何も考えないで保護しまくっていると思います。馬鹿だから。

人間用(?)の募金はしました。
生活保護受けていて、あんまり自由になるお金が無いのでいい大人なのに小銭程度ですが。
赤十字なので、有意義に使ってくれると思います。

で。

犬猫に私が出来る事は何か無いかとずっと調べていました。
携帯でしか調べられないけど、色々有意義な情報はあるようです。

とりあえず、ポチたまに出演されていた松本さんのblogに書いてあった
震災にあったペット達を助ける為、ペット可の避難所や仮設住宅の確保と増加の
署名運動に参加して見ようと思います。

本当は被災動物の保護もしたいけど、物理的に無理なので。
義援金はお金が出来たら、出来るだけ送りたいです。
その前に、ちゃんとした団体かどうかを調べないとね。
悲しい事に、義援金詐欺は現実にあるようなので。

タラフクご飯やおやつを貰って、あられもない格好でぐーすか寝ているうちの犬や猫を見ていると
不謹慎ですが、ここに震災が無くて本当に良かったと思うのです。
だからこそ何かしたいとも思うのです。

| | コメント (0)

頑張るオシメちゃん

頑張るオシメちゃん
頑張るオシメちゃん
乳酸リンゲル液の250ミリリットル。
これを1日に1回、半量の125ミリリットルを皮下点滴します。
負担にならないように早く落とすので数分で終わります。

その後上あごにご飯を塗り付けて飲み込ませて
水も上手く飲めなくなったので、スポイトで少しずつ口に入れてあげて。

そして昨日から紙オムツ生活になりました。
まだゆっくり歩いて自力でトイレに行けるけど、しんどくて歩けない時や
熟睡していて起きられない時に、その場で出ちゃうようになったです。
毎晩私の布団にお寝しょされて、洗濯が大変な人間のエゴですが。

ペット用のSSサイズ。ちゃんと尻尾の穴が空いています。
それ以外は人間用と同じて、水分はゼリー状に固まるし、テープの着け外しも簡単。
ちょっと歩きにくそうで申し訳無い気持ちでいっぱいだけれど我慢して貰わないとな。

| | コメント (0)

湿っぽい話題ですみません。

我が家の長老猫「すえきち」が2月位から、急にガックリと老け込み
耳の中が汚くなって鼻詰まりもあったので、病院に連れて行ったけど良くならず
そうこうしているうちに、呼んでも返事もしない、こちらも見ない
ご飯も嫌がるようになって、かろうじて水とトイレは自力で出来るけど
歩き方もヨロヨロで、毎週病院に行って体重を量る度に痩せていて
血液検査をして貰ったら、腎不全だそうです。老人性の。

人間の年齢にしたら百歳近いし、今まで何匹も見送ってきたので覚悟はしていましたが
すえきちにもとうとうその時期が来たのか…と。

高齢なので、積極的な治療はストレスが溜まって余計に寿命を縮めるだけなので
今は自宅で、体の水分や電解質を調節する点滴を1日に1回打って
(体をおさえる、針を支える、点滴の量の管理で3人がかりで)
腎臓病猫用のレバーペーストみたいな缶詰を、1日2回食べさせて
(と、いっても嫌がるので無理矢理口に入れるんだけどな)
ストレスのかからないように、後は好きなようにさせております。
点滴と無理矢理ご飯で十分にストレスだけど。

1日の殆どを寝て過ごしているけど、時々起き出して水を飲んだり
トイレにいったり、寝場所を変えたり、ゆっくりゆっくりでも行動出来るし
夜中に私の布団まで来て、腕枕をせがむのでまだ大丈夫!と思いたい。

寝たきりになった時の為に紙オムツも用意したぜ!
点滴やフードも何時でも取りに行けるように病院と話しもしてあるぜ!
もう、ニャーもゴロゴロも言わなくなったけど、1日でも長生きしてくれよと思うのです。

…でもさ。

当の本人はどう思っているのだろうか?
しんどいし、嫌な事をされるし、もう楽になりたいんじゃないだろうか?
人間側のエゴで延命処置をしているけど、本当は望んでいないんじゃないだろうか?
猫や犬と話しが出来たらいいのになと、こんな時は切実に思います。

| | コメント (0)

28日

もう先月の話しですが。

ムスメとムスメ担当の精神科の先生がどうにもこうにも合わなくて
(人の話しを聞いてない。薬の見直しをしない。他色々)前々から転院を考えていたのですが
今回たまたま札幌にあるクリニックの理事長先生が村に講演会に来ると言う。
保健婦が言うには、予約もなかなか取れない位、札幌では人気の病院だと言う。
それじゃあダメもとで、講演会だけでも聞いてみるべかと、村の保健センターへ。

営業用だと思うけど、感じは良いし、医者に有りがちな難しい言葉は使わず
一般人でも解りやすい話しをしてくれて、ムスメも通ってみたいと。

保健婦さんが予め根回ししてくれて、講演会の後、理事長先生とお話し出来て
ムスメが困っている状況を聞いて、名刺を出してくれ
「講演会に行って、僕から名刺を貰ったと受付に連絡したら、そんなにまたないで受診出来るから。」と
少し光が見える言葉をかけて貰ったので、早速クリニックに電話。

最初は、予約患者さんだけでいっぱいなので新規の患者さんは受けられないと言われましたが
理事長先生の講演会に行って、お話しして名刺も頂いて、いらっしゃいと言われたと言うと
すぐに何とか空いてる日にちに予約を入れてくれて、とんとん拍子で決まってしまった。
一番近い予約日といっても月末でほぼ一ヶ月後なんだけどな。
口利きが無かったら何ヶ月待たされるんだろう…?

通った事のある、知り合いも雰囲気は悪くないと言っていたし
口コミ情報も概ね良い。受付の人の対応も良かったし、どうかムスメに合う病院でありますように…

以前(今の更に前)ムスメを診てくれてた先生は、じっくり話しを聞いてくれて
何がベストか提案して考えてくれるとても良い先生だったのに
その先生が遠くに転勤になって、病院も先生も変わったら
毎回同じ話しをし、同じ事を聞き、薬の事も良く考えないで、こっちの要望も聞かない
暖簾に腕押しみたいな、受診後ドーッと疲れる人で…。

なんでメンタルの先生ってこんなに当たり外れがあるのか凄い不思議。

| | コメント (0)

毎月25日は

ケースワーカーさんが家の中にズイズイ入ってきて、プライバシーの細かい所を聞かれたり
チクチクとお説教をされる日でござります。生保から解放されるまで続きます。

私やムスメは特に何も言われませんが、健康にもかかわらず仕事をしない旦那は
「ひとつの仕事に固執しないで、バイトでも何でもしながら求職活動しなさい」
的な事をバシバシ言われます。年下の女子から。(家の担当が若い女性なので)
私も取れる物は取っておけ。と言う事で、身体の他に精神の障害者手帳をダブル持ちにすることになりました。
精神手帳は持っていてもあんまりメリットが無いんだけどな。

身体はそんなんでもないけど、精神的にバタバタすると言うか
何時も落ち着かない感じ。引っ越しもまだ決まらず、役場に届出も細々とあり
他にも色々心配事がかさなって、どうしたもんかなー…と頭を抱える毎日。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »