春だもの。

春だもの。
春だもの。
出会いと別れの季節と共に、動物が生まれる季節だもの。

すえきちが長いさんぽに行ってしまって、文句もいわず
私に抱きしめられて寝てくれるケモノがいなくなって
腕の隙間が淋しくてぽやーんと日々を送っておりまして。

そんな私を見るに見兼ねたのか、ムスメが里親募集のサイトを探し出してきて
たまたま見た時に、たまたまそんなに遠くない所で
9匹子猫が生まれて大変になっているご家庭があって
うちは先住ネコとイヌがいるし、断られる事前提でうちの状況を書いたメールを出した所
とんとん拍子に話しがすすんで、最初のメールから12時間後には
キャリーケースを詰んだ車に乗っておりました。

最初は、茶トラを1匹頂く予定だったはずなのに
何故か気がついたら茶トラ2匹を抱えていて、一気に家族が増えました。

ありー?

いや、言い訳すると、1匹だけ連れて帰ってきたら、急に一人ぼっちになって淋しいかなぁ…と

ありー?

4月2日生まれで、我が家に来た15日は離乳が済んですぐ
何もかも小さくて、丸々していて、6年ぶりの子猫に戸惑っております。

でも2匹連れて帰ってきて正解だったかも。
じいちゃんネコや、オッサンネコじゃあ体がもたない程元気で元気で
起きている時間は、ずーっと兄弟でプロレスや追いかけごっこ
果ては家具登りまで、電池が切れるまで大騒ぎで
遊び相手がいなかったら、じいちゃんヘトヘトだったと思います。

ただ。

他の柄のネコもいたのに、茶トラを2匹掴んでしまったせいで
首輪の色を見ないと区別がつきません。

全く同じ顔、体験も同じ泣き声も、性格も同じ
寝るタイミングも、トイレも、お腹が減るのも何時も一緒。
「お前はだれだ!?」と1日に何回も言っています。

凄くやんちゃで、腕や足が傷だらけですが、うちに来たって事は
きっと来る運命だったんだよね?すえきちが許してくれたんだよね?

すえきちの分まで可愛がるから、見守っていてねと思います。

| | コメント (0)

人の暖かい心で生かされています。

すえきちが長い長いさんぽに出かけていってしまって
それでもまだうちにはケモノが4匹もいて、今もネコが2匹私の腹の上でグースカ寝ているのに
毎晩腕枕をせがんできて、抱きしめて撫でてやるとゴロゴロ嬉しそうにしていた1匹が居ないだけで
何かが足りないような、何かが欠けてしまったような
ぽっかりと空いてスースーする感じは何でしょうか?

すえきちは晩御飯のウエットフード(缶詰)が大好きで
他のネコの分まで食べてしまって、ああっというまに3つのお皿が空っぽになっていたのに
今は寝る頃もまだご飯が残っていて、すえきちの居ない現実を確認させられる毎日です。

この間動物病院に行き、買ったけど結局使わなかった点滴を
今も病気と闘っているペットに無料で渡して下さいと置いてきました。

思えば先生にはお世話になりっぱなしで、うちの家計状況を知ってるからか、元々そうなのか
「これなら食べるかもしれへんから持っていって。」と
(先生は京都出身でバリバリ京都弁です。)
高い病気対策用缶詰をただで持たせてくれたり
私の調べる限りでは、底値で点滴や針を売ってくれたり
ワンコのちょっとした事でも親身になって診てくれて
病気の事も詳しく話してくれるし土日もやってて
良いお医者さんに巡り会えて良かったなと思っています。

うちだけではなくて、他のおうちのペットにもそんな感じなので
何時か経営が立ち行かなくなるんじゃないかとちょっと心配。
ここが無くなったら凄く困る。きっと他のおうちも。

そんな日々を送っていたら、えむさんから立派な供花が届きました。

人の暖かい心で生かされています。
ばばーん!何て花だろう?ほんのり良い香りがします。
余りに立派過ぎてネコ達が見えません。(笑)

人の暖かい心で生かされています。
普段はこんな感じ。赤いのがえいきち、白い方がすえきち。

すえきち良かったなー。こんなに綺麗なお花を沢山飾って貰って。幸せ者だぞ。

沢山の人がすえきちを私たち家族を心配してくれて、心が暖かくなります。
凄く凄く嬉しいし、感謝の気持ちでいっぱいです。
恩返しじゃないけれど、早く元気にならないとね!

うちは「くるねこ」なので、またじゃんじゃん来るような気がするし。

| | コメント (0)

土曜日の朝9時に

すえきちは小さな壺の中に入りました。
斎場に行くぎりぎりまで「すえきちー!帰って来るなら今だよー!」
と言ってみたけど、勿論戻ってなんてきてくれなくて。(笑)
でも3晩も一緒に寝て、ゆっくりお別れ出来たし、それで良しとしよう。

色々調べて初めて行ったペット斎場は、周りに殆ど何も無い
分かりにくい場所にあったけれど、こじんまりしていて
ご夫婦でやっているようで、旦那さんが色々話しかけてくれ
奥さんが細かい作業をするアットホームな所でした。

生前好きだったご飯やおやつやお花を一緒に入れてオッケーだったし
家から飾って行ったお花以外にも、斎場でも少し用意してあって、顔まわりが華やかになったし
待っている間に休めるようにソファや無料コーヒーもあった。

骨を拾う時、骨壺とは別にしたい骨を入れる小物入れも用意してあって
小さい心配りが嬉しかったです。(私は爪を別にした)
縁起でも無いかもしれないけど、次の時もここにしたいな。

土曜日の朝9時に
そこでキーホルダーを購入。
別にした爪1本と少しずつブラッシングでためていた毛を入れてお守りとして鞄にしまってあります。

帰って来たすえきちは、我が家の「最長老記録保持猫」えいきちと並んで
居間の皆を見渡せる所でゆっくり休んでいます。

今は2匹だけど、この先増えたらやっぱり斎場に預かって貰わないとダメだろうなー…
まぁ、それはその時考えよう。

| | コメント (0)

長い長いさんぽ

19日の深夜、すえきちが何時ものように私のベッドに入り、私の枕に頭を乗っけて
布団をかけてあげるとこちらをじーっと見つめてきて、それは何時もの事だけど
なんでだかその時は、胸がザワザワして、「どうしたの?」と声をかけて写メを撮りました。
俗に言う虫の知らせだったのかも。

その時の写真。
左目に傷が出来て痛々しいですが、痛みは無いんだって。神経の無い所なんだって。

で、20日の明け方から、1時間に何回も引き付けをおこすようになって
ああ、とうとうお迎えがくるのか。と、すえきちの体をさすりながら分かりました。
このまま、撫でて見送りたかったけれど、20日は私とムスメの病院で
半日家を空けなくてはいけなくて、ケージにお布団を敷いて寝かせて
「帰るまで待っててね。」と声をかけて家を出たけど
やっぱり待っててはくれなくて、布団の中で冷たくなっていました。
まだ少し暖かかったので、ぎりぎりまで待っててくれたのかな。

覚悟はしていたはずなのに、心は落ち着いているのに、なんでだか涙が出てきやがります。
人前でびーびー泣くのは私のプライドが許さないので、(なんだそのプライド)
その時は涙ぽろり位ですんだけど、すえきちを抱えて自室に入り
何時ものようにベッドに寝かせて布団をかけてあげた途端に号泣ですわ。

病気が発覚して、2ヶ月近くも辛いのに頑張ってくれて
もう痛くも苦しくもなくなって楽になって、すえきちは良かったはずなのに
なんでこんなに切ないのでしょうか?
やるだけの事はやったのに、後から後から後悔ばかりが溢れます。

まだ葬儀社の手配が出来てなくて、小さな毛布にくるんで、一緒に寝ています。
最後の最後まで段ボールに詰めるなんて私は出来ない。

寝る前に頭を撫でながら、最初に会った生後1ヶ月の頃の事や
今度生まれ変わってもまたうちに来てね。と離しかけています。

今頃天国の綺麗で気持ちの良い所でのんびりお昼寝でもしてるといいな。
今まで天国に行った猫達と仲良く遊んでいるといいなと思います。

| | コメント (0)

すえきちさんのマイブーム

かどうかは本人(本猫)じゃないので分かりませんが。
最近は皆が寝静まった深夜に私の布団を抜け出して、ムスメの部屋に行き
布団の廻りをぐるぐるまわった後、ムスメの顔につべたくなった肉球を押し当てて
ぐいぐい登り顔の上で寝ようとしたり

飽きると旦那の部屋に移動して、今度は旦那を足蹴にしているようで
私が目を覚ます頃には、私の首に乗っかって寝ているので知らなかったのですが
家人のチクリ…証言で発覚しました。

まだ寒いから出歩かないでヌクヌクの布団で寝ていれば良いものを。
「もっと良い寝床が何処かに!」とでも思っているのでしょうか?

すえきちは我が家の国王なので(病気により3階級特進)
ウザくても足蹴に扱わず、国王の好きにさせるようにと、王国にはおふれが出されました。
さあすえきち王よ!家臣達(人間)を好きに踏んで歩くのです!
私じゃないから全然オッケーよ!(をい)

| | コメント (0)

サンデーの

牛先生の新連載が面白くなりそうな感じ。
北海道の農業高校のお話しで、知ってる地名や方言がバンバン出てくるし
やけにリアルな部分があって、先生の体験も入っているのかなー?
牛先生が学園物って何だか新鮮だし、何年ぶりかで週刊誌を毎週買いそう。

話しは変わって。すえきちさん。

病院の先生が、良く頑張ってると感心するほど、よくもっています。
毎日の点滴と、無理矢理口に押し込むフードと水が無かったら
もうとっくにお迎えがきていると思う。後、本人の生命力。

猫は凄く頑固さんで、自分が嫌なら全く食べない飲まない。
ご飯を毎日無理矢理食べさせても、自分で食べるのと違って絶対量が足りなくて
(食べたくないので、途中で飲み込まなくなる)
4kgあった体重が、2kg台のよーがりひーがりになっているし
(沖縄方言でガリガリに痩せていると言う意味)

ボケが来たのか、何かの衝動なのか、よく家中を徘徊して
人間用のトイレの便器に上半身を突っ込んでいて、こっちの寿命が縮まったり
袋小路でボー然としていたり

朝目が覚めると、私の顔の上で寝ていたりするけど
(いや、軽くて気がつかないのよ)

まだ生きてるぜ!きっと本人だって、しんどいが生きたいと思っているに違いないぜ!
もう名前を呼んでも返事をしてくれないけど、生きていてくれるだけで、それだけでいいや!

猫の介護は人間と比べても全然楽。
殆ど見えなくなった目に目薬をさして、汚れたらおむつを変えて
子猫用哺乳瓶で水を飲ませて、ご飯を食べさせるだけだもの。
片手で抱いて移動も出来るしな。

すえきちのおむつを変えながら、人間の介護をしている方は
これの何百倍大変なんだろうかと考えると、介護真っ最中の方には頭が下がります。
今現在介護をしている友達は凄く尊敬します。

あらやだ、話しが脱線し始めてるわ。

今週末は、動物病院にいって、点滴と新しい針とフードを。
ホームセンターで、紙おむつと少しでも高カロリー摂取出来そうな何かを探してくるぜ!

後、ネットでもっと勉強しよう!もっとベストな介護があるはず!

| | コメント (0)

胸がザワザワする事が続きます。2

1からちょっと日にちが経ってしまいましたが、やっと冷静になってきたのでつらつらと。

あ、すえきちの事ではありません。
幸いな事に、小康状態を保っております。すえきちの生命力には感動すら覚える毎日。

もう、先々週の金曜日になりますが。
昼ご飯を食べて、居間でボンヤリ情報番組を見ていたら
隣の部屋からカサカサ音がする。嫌な予感がして見てみると
うちのキャッツ・アイくおんが何か一生懸命かじっていて
よーっく見てみたらタバコでした。

一瞬頭が真っ白になって、フリーズしかけましたが、直ぐに我にかえり
くおんをガッチリ捕まえて口に指にツッコミ、噛まれながら口の中を調べ
(幸い何も無かったけど)辺りに散らばったタバコカスやボロボロの箱をかき集めているうちに
旦那の人に対して、物凄い怒りが沸きまして。

実はタバコのごたごたは初めてではないのです。
ムスメがまだハイハイの頃、手の届く所に吸い殻が沢山入った灰皿を置きっぱなしにしていて
家事をしていた私が「あれ?ムスメが随分静かだなぁ?」と見てみると
吸い殻を沢山くわえておりまして。

ムスメを抱き抱え、その頃住んでいたアパートの近所の小児科に走って行きましたが
もう夕方だったので、勿論開いていなくて、テンパった私は
近所に住んでいるだけで、殆ど面識の無い、小児科の看護師さんの家に押しかけ
簡単な処置と、この後どうしたら良いか聞いて帰宅。

幸い飲み込んで無くて、一晩経っても何もなく、今も元気に生きておりますが
もし何かあったらと考えると今でも怖い。

で、今回のこれです。あの時散々怒ったつもりだったので
心を入れ替えたのかと思っていたら、「高い所に置いておいたから大丈夫だと思った。」ですと。
相手は赤ん坊じゃ無くて猫だ!元気な猫に高いも低いもあるか!

また、くおんはメンソール系の臭いが大好きなのです。湿布を舐めにくる位。
メンソールタバコを狙わない訳がない。

たまたま、どうしようか焦っている時に、職安から旦那が帰って来やがったので
速攻で病院に駆け込み、事の次第を先生に話したら
中毒の症状が出るまで治療は出来ないそうで。
致死量も、ひとかじりでダメな子もいれば、一本食べても平気な子もいるとか。
今は元気なので、3日位様子を見て下さいと言われて、すえきちの点滴を買ってすごすご帰宅。

それから3日間は、くおんがいないとドキドキする毎日。
今現在は相変わらず無駄に元気で、致死量まで口に入らなかったようです。
スゲー良かった!スゲー良かったよおかーちゃーん!

ひとくくりにはしたくないけれど、喫煙者はどうしてタバコの害や
管理に対して無頓着なんだろう?
吸ってる本人はどうなろうと知ったこっちゃないが、廻りはどれだけ迷惑しているか。

怒った時に「前にタバコなんて簡単に辞められるって言ってたよね!?
生活保護受けているんだし、こんな事になってるし、すぐ辞めなさい!」と言ったら
「やだね。」ですって。

なーんだかさ、疲れるです。うっかりな奴なので、鉄板でまたやるな。
毎日旦那が居なくなった後、旦那の部屋に入ってタバコを置きっぱなしにしてないかチェックして
ついでにオヤジ臭のする枕にファブリーズをかけるのが、スゲー疲れる。
スゲー疲れるよおかーちゃーん!

| | コメント (0)

胸がザワザワする事が続きます。1

震災のニュースは、見てると切ない事ばかりですが
人間は自分で意思表示が出来るし、コミュニティーを作って力を合わせて何とか生きて行けるけど
この未曾有の大震災で、家族とはぐれてしまったペット達はどうなっているのでしょうか?

今まで暖かいお家で、大好きな飼い主さんと幸せに暮らしていたのに
突然何もかも無くなって、一匹放り出されて、今もさ迷っているだろう
犬や猫の事を考えると、ニュースで取り上げない分、いたたまれない気分になります。
動物は震災なんて分からないもの。

助からなかった沢山の命は今は考えないようにしています。
今、目の前で命の灯が消えそうになっている猫がいるのに
そちらも考えちゃうと、私の心の許容量を超えてしまう。

ただ道端にポツンと佇んでいる犬猫がいるだけでもダメなのです。
うちが大金持ちで持ち家があったら
鉄板で何も考えないで保護しまくっていると思います。馬鹿だから。

人間用(?)の募金はしました。
生活保護受けていて、あんまり自由になるお金が無いのでいい大人なのに小銭程度ですが。
赤十字なので、有意義に使ってくれると思います。

で。

犬猫に私が出来る事は何か無いかとずっと調べていました。
携帯でしか調べられないけど、色々有意義な情報はあるようです。

とりあえず、ポチたまに出演されていた松本さんのblogに書いてあった
震災にあったペット達を助ける為、ペット可の避難所や仮設住宅の確保と増加の
署名運動に参加して見ようと思います。

本当は被災動物の保護もしたいけど、物理的に無理なので。
義援金はお金が出来たら、出来るだけ送りたいです。
その前に、ちゃんとした団体かどうかを調べないとね。
悲しい事に、義援金詐欺は現実にあるようなので。

タラフクご飯やおやつを貰って、あられもない格好でぐーすか寝ているうちの犬や猫を見ていると
不謹慎ですが、ここに震災が無くて本当に良かったと思うのです。
だからこそ何かしたいとも思うのです。

| | コメント (0)

湿っぽい話題ですみません。

我が家の長老猫「すえきち」が2月位から、急にガックリと老け込み
耳の中が汚くなって鼻詰まりもあったので、病院に連れて行ったけど良くならず
そうこうしているうちに、呼んでも返事もしない、こちらも見ない
ご飯も嫌がるようになって、かろうじて水とトイレは自力で出来るけど
歩き方もヨロヨロで、毎週病院に行って体重を量る度に痩せていて
血液検査をして貰ったら、腎不全だそうです。老人性の。

人間の年齢にしたら百歳近いし、今まで何匹も見送ってきたので覚悟はしていましたが
すえきちにもとうとうその時期が来たのか…と。

高齢なので、積極的な治療はストレスが溜まって余計に寿命を縮めるだけなので
今は自宅で、体の水分や電解質を調節する点滴を1日に1回打って
(体をおさえる、針を支える、点滴の量の管理で3人がかりで)
腎臓病猫用のレバーペーストみたいな缶詰を、1日2回食べさせて
(と、いっても嫌がるので無理矢理口に入れるんだけどな)
ストレスのかからないように、後は好きなようにさせております。
点滴と無理矢理ご飯で十分にストレスだけど。

1日の殆どを寝て過ごしているけど、時々起き出して水を飲んだり
トイレにいったり、寝場所を変えたり、ゆっくりゆっくりでも行動出来るし
夜中に私の布団まで来て、腕枕をせがむのでまだ大丈夫!と思いたい。

寝たきりになった時の為に紙オムツも用意したぜ!
点滴やフードも何時でも取りに行けるように病院と話しもしてあるぜ!
もう、ニャーもゴロゴロも言わなくなったけど、1日でも長生きしてくれよと思うのです。

…でもさ。

当の本人はどう思っているのだろうか?
しんどいし、嫌な事をされるし、もう楽になりたいんじゃないだろうか?
人間側のエゴで延命処置をしているけど、本当は望んでいないんじゃないだろうか?
猫や犬と話しが出来たらいいのになと、こんな時は切実に思います。

| | コメント (0)

28日

もう先月の話しですが。

ムスメとムスメ担当の精神科の先生がどうにもこうにも合わなくて
(人の話しを聞いてない。薬の見直しをしない。他色々)前々から転院を考えていたのですが
今回たまたま札幌にあるクリニックの理事長先生が村に講演会に来ると言う。
保健婦が言うには、予約もなかなか取れない位、札幌では人気の病院だと言う。
それじゃあダメもとで、講演会だけでも聞いてみるべかと、村の保健センターへ。

営業用だと思うけど、感じは良いし、医者に有りがちな難しい言葉は使わず
一般人でも解りやすい話しをしてくれて、ムスメも通ってみたいと。

保健婦さんが予め根回ししてくれて、講演会の後、理事長先生とお話し出来て
ムスメが困っている状況を聞いて、名刺を出してくれ
「講演会に行って、僕から名刺を貰ったと受付に連絡したら、そんなにまたないで受診出来るから。」と
少し光が見える言葉をかけて貰ったので、早速クリニックに電話。

最初は、予約患者さんだけでいっぱいなので新規の患者さんは受けられないと言われましたが
理事長先生の講演会に行って、お話しして名刺も頂いて、いらっしゃいと言われたと言うと
すぐに何とか空いてる日にちに予約を入れてくれて、とんとん拍子で決まってしまった。
一番近い予約日といっても月末でほぼ一ヶ月後なんだけどな。
口利きが無かったら何ヶ月待たされるんだろう…?

通った事のある、知り合いも雰囲気は悪くないと言っていたし
口コミ情報も概ね良い。受付の人の対応も良かったし、どうかムスメに合う病院でありますように…

以前(今の更に前)ムスメを診てくれてた先生は、じっくり話しを聞いてくれて
何がベストか提案して考えてくれるとても良い先生だったのに
その先生が遠くに転勤になって、病院も先生も変わったら
毎回同じ話しをし、同じ事を聞き、薬の事も良く考えないで、こっちの要望も聞かない
暖簾に腕押しみたいな、受診後ドーッと疲れる人で…。

なんでメンタルの先生ってこんなに当たり外れがあるのか凄い不思議。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ペット | 手作り | 日記・コラム・つぶやき